/

この記事は会員限定です

コロナ下、関西企業3割が増益 島津や任天堂伸びる

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で関西企業の業績が悪化している。2020年4~6月期決算は営業利益の合計額が前年同期比49%減となり、3四半期連続で前年同期を下回った。ただ減益率は全国平均(70%)より小幅にとどまり、全体の約3割にあたる85社は営業増益を確保した。業績が好調な企業を分析したところ「新型コロナ対策」「巣ごもり消費」「次世代通信規格」という3つの要因が浮かび上がった。

関西に実質...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1684文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン