/

雨で寸断のリニア作業道、通行可能に 静岡市

静岡市は19日、7月の大雨で寸断された林道東俣線の通行規制を、一部を除き24日に解除すると発表した。この林道はリニア中央新幹線静岡工区の工事現場に通じる唯一の道。引き続き通行止めとなる箇所については仮設の迂回路が9月中に完成する見込みという。

これまで全面通行止めとしていたが、被災箇所の復旧が進んだため、起点から18.2キロメートル地点を除いて車両が通行できるようにする。路肩が欠損した同地点は行き来ができない状態だが、JR東海によると、付近の土地所有者が迂回路を施工中。2021年3月に見込まれる本復旧を待たず、全線で工事用車両が通行できるようになる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン