スカイマーク、羽田・神戸―宮古島の新路線 20年秋

2020/8/19 18:52
保存
共有
印刷
その他

スカイマークは19日、2020年冬期(20年10月25日~21年3月27日)の国内線ダイヤを発表した。羽田、神戸と沖縄県宮古島市の下地島空港をつなぐ路線を開設する。国の「政策コンテスト」で配分された羽田発着枠などを活用する。一方、唯一の国際線である成田―サイパン線は運休する。同路線は新型コロナウイルスの感染拡大で運航できない状態が続いていた。

スカイマークは沖縄県宮古島市への新路線を3路線開設する

スカイマークが就航を予定する沖縄県宮古島市のみやこ下地島空港

このほか、那覇―下地島線も新たに就航する。それぞれ10月25日の開設を予定しており羽田、神戸―下地島線は1日1往復、那覇―下地島線は1日2往復を予定する。このうち羽田―下地島線には国土交通省の政策コンテストで配分された発着枠を活用する。

新路線を開設する一方、19年にスカイマークで初めての国際線定期路線として就航した成田―サイパン線は運休とする。また、同じく成田を発着する成田―中部線も運休する。

新型コロナの影響で航空各社は国際線の大規模な運休を余儀なくされており、スカイマークも成田―サイパン線の運航を見あわせていた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]