/

この記事は会員限定です

会計監査費5%増、ルール厳格化で 上場主要100社

20年3月期

[有料会員限定]

上場企業が支払う会計監査の費用がふくらんでいる。日本経済新聞社が主要100社について集計したところ、2020年3月期は合計1365億円と前の期に比べて5%増だった。会計監査ルールの厳格化で実務負担が年々重くなっているためだ。大型M&A(合併・買収)やグループ再編に伴うデューデリジェンス(資産査定)費用もかさんだようだ。

14日時点で時価総額100位までの3月期決算企業の有価証券報告書に記載された「監査報酬の内容等」などの項目を集計した。決算にお墨付きを与える監査証明、買収先を連結するためのデューデリといった直接的な監査費用は100社のうち64社で増えた。

コンサルティングなど「非監査」を含む監査法人への...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1069文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン