/

金沢彩の庭ホテル、地元や近隣県向けプラン 6割安く

金沢彩の庭ホテル(金沢市)は9月、石川県と隣接する福井、富山、岐阜の計4県を対象にした宿泊割引プランを設ける。料金は1泊あたり1人5000円で、通常よりも6割程度安いという。新型コロナウイルスの新規感染者が増え、首都圏など遠方からの観光客が減少している。地元や近隣の利用客を取り込み、客室の稼働率を高める。

料金は通常よりも6割程度割り引く(金沢彩の庭ホテルの正面)

割引は休前日を除く平日のみで、2人以上での利用を対象とする。朝食は無料で、宿泊税は別に支払う必要がある。予約は金沢彩の庭ホテルのホームページなどで受け付ける。

同ホテルの国内の利用者は、東京や大阪といった大都市圏からの利用者が8割以上を占めていた。新型コロナの感染拡大後は地元客が中心だったが、石川県民限定の宿泊割引制度が終了。「GoToトラベル」の効果も限定的なことから、地元をターゲットにしたプランを計画した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン