/

この記事は会員限定です

金上昇、再び2000ドル台 米金利上昇一服・ドル安で

[有料会員限定]

金が再び上昇に転じてきた。国際指標のニューヨーク金先物は18日の終値で1トロイオンス2013ドルまで上昇。金価格が急落した11日以来、1週間ぶりに心理的な節目の2000ドルを上回った。債券市場で前週までの米長期金利の上昇が一服。為替市場で米ドル安傾向が強まってきたことも加わり、ドルと逆の動きになりやすい金を押し上げた。

ニューヨーク先物市場と並ぶ金の国際指標であるロンドンの現物の金の取引価格も18...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り320文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン