大阪のホテル稼働率23.5% 7月、近隣の予約伸びる

2020/8/19 16:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本経済新聞社がまとめた大阪市内の主要13ホテルの2020年7月の平均客室稼働率は23.5%となり、6月に比べ5.3ポイント改善した。大阪府・市の誘客キャンペーンを利用した近隣府県からの予約が増えた。ただ前年同月と比べると67.5ポイント低く、依然として厳しい状況が続く。新型コロナウイルスの感染が再び拡大しており、8月以降の需要は不透明だ。

ホテルグランヴィア大阪は36.8%と6月から10.5ポ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]