/

この記事は会員限定です

パナソニック、テスラ向けEV電池増産 100億円超投資

【イブニングスクープ】

(更新) [有料会員限定]

パナソニックは2021年に、米テスラの電気自動車(EV)向け電池の生産能力を増強する。百数十億円を投じ、米国の電池工場に追加の組み立てラインをつくる。テスラの主力車「モデル3」の拡販や、新型車の生産増に対応する。電池増産は2社の戦略の相違もあり19年春に凍結となったが、車の販売が上向いたことで再開に踏み切る。

テスラと共同運営する米ネバダ州の電池工場「ギガファクトリー1」の能力を高める。現在13あるラインに、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り636文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン