/

この記事は会員限定です

ボッチャ、JR東日本も協賛 協会スポンサー16社に

東京パラリンピック1年前特集

[有料会員限定]

パラ競技の中で支援企業が急増しているのがボッチャだ。2016年リオデジャネイロ・パラリンピックの団体戦銀メダルで、分け隔てなく誰でも楽しめる共生スポーツとして注目を集めた。4年前は3社にすぎなかった日本ボッチャ協会のスポンサーは、今や16社になった。

今月、新たに加わったのがJR東日本。福島県白河市にある同社総合研修センターの体育館にボッチャコートを作り、代表の合宿で使ってもらう。バリアフリーの宿...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り268文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン