パラリンピック進化形

フォローする

ボッチャ、JR東日本も協賛 協会スポンサー16社に
東京パラリンピック1年前特集

2020/8/25 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

パラ競技の中で支援企業が急増しているのがボッチャだ。2016年リオデジャネイロ・パラリンピックの団体戦銀メダルで、分け隔てなく誰でも楽しめる共生スポーツとして注目を集めた。4年前は3社にすぎなかった日本ボッチャ協会のスポンサーは、今や16社になった。

今月、新たに加わったのがJR東日本。福島県白河市にある同社総合研修センターの体育館にボッチャコートを作り、代表の合宿で使ってもらう。バリアフリーの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

パラリンピック進化形 一覧

フォローする


 日本生命保険は、車いすバスケットボールを中心としたパラスポーツの観戦会を定期的に開催している。5年間で延べ約2万人の職員が参加。2017年4月には日本車いすバスケットボール連盟の公式パートナーとなり …続き (8/25)

=共同共同

 延期された東京パラリンピックの開幕まで1年となった24日、陸上と競泳の両国内競技団体で、本年度はスポンサー企業からの協賛金収入がともに約1300万円の大幅減となることが関係者への取材で分かった。金メ …続き (8/25)

丸井グループがつくった専用ピッチで練習する日本代表の選手たち(7月、東京都小平市)=日本ブラインドサッカー協会提供日本ブラインドサッカー協会提供


 流浪の民が、ようやくついのすみかを手に入れた。ブラインド(5人制)サッカーの専用ピッチが6月、東京都小平市に完成した。各地の施設を転々としながら合宿をしてきた日本代表にとっては、初の専用練習場。提供 …続き (8/24)

ハイライト・スポーツ

[PR]