戦争題材の文化を分析 速水健朗氏が選ぶ3冊
ミリタリー・カルチャー研究 吉田純編

読書
2020/8/20 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

NHK朝の連ドラ。ヒロインの一生を描く中で、太平洋戦争中の生活をどう描くかは見どころのひとつ。朝ドラも本書が題材とする"ミリタリー・カルチャー"の一分野なのである。

80、90年代は朝ドラが戦争を描く割合が減り、全作品のうちの2割ほどになる。だが『ゲゲゲの女房』以降、復活。全体の6割で戦争との関わりが描かれる。戦争描写は変化した。まっすぐな反戦メッセージは避けられる。あくまで、日常の中のエピソー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]