パラリンピック進化形

フォローする

9月に日本パラ陸上、感染対策厳密に コロナ下で先陣
東京パラリンピック1年前特集

2020/8/22 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コロナの感染拡大で一時は完全に止まったスポーツイベントが少しずつ再開されてきた。ただ、パラアスリートはコロナで重症化するリスクがあるとされる。健常者の大会よりも厳密な感染防止対策が欠かせない。

「ウィズ・コロナ」のなかで大規模なパラ大会の先陣を切るのが、9月5~6日に埼玉県の熊谷スポーツ文化公園で予定される日本パラ陸上競技選手権だ。当初の予定から3カ月遅れ、かつ無観客での開催となる。

パラ陸上で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

パラリンピック進化形 一覧

フォローする


 日本生命保険は、車いすバスケットボールを中心としたパラスポーツの観戦会を定期的に開催している。5年間で延べ約2万人の職員が参加。2017年4月には日本車いすバスケットボール連盟の公式パートナーとなり …続き (8/25)

=共同共同

 延期された東京パラリンピックの開幕まで1年となった24日、陸上と競泳の両国内競技団体で、本年度はスポンサー企業からの協賛金収入がともに約1300万円の大幅減となることが関係者への取材で分かった。金メ …続き (8/25)

丸井グループがつくった専用ピッチで練習する日本代表の選手たち(7月、東京都小平市)=日本ブラインドサッカー協会提供日本ブラインドサッカー協会提供


 流浪の民が、ようやくついのすみかを手に入れた。ブラインド(5人制)サッカーの専用ピッチが6月、東京都小平市に完成した。各地の施設を転々としながら合宿をしてきた日本代表にとっては、初の専用練習場。提供 …続き (8/24)

ハイライト・スポーツ

[PR]