/

この記事は会員限定です

9月に日本パラ陸上、感染対策厳密に コロナ下で先陣

東京パラリンピック1年前特集

[有料会員限定]

コロナの感染拡大で一時は完全に止まったスポーツイベントが少しずつ再開されてきた。ただ、パラアスリートはコロナで重症化するリスクがあるとされる。健常者の大会よりも厳密な感染防止対策が欠かせない。

「ウィズ・コロナ」のなかで大規模なパラ大会の先陣を切るのが、9月5~6日に埼玉県の熊谷スポーツ文化公園で予定される日本パラ陸上競技選手権だ。当初の予定から3カ月遅れ、かつ無観客での開催となる。

パラ陸上では...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り459文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン