/

この記事は会員限定です

陸上の新星・石田駆、日本記録デビューから金へ疾走

東京パラリンピック1年前特集

[有料会員限定]
新型コロナウイルスの影響で1年延期となった東京パラリンピックは、2021年の8月24日に開会式を迎える。感染症対策など大会準備に向けたハードルは高いが、これまでも壁を乗り越えてきたパラアスリートたちは挑戦を続けている。

昨年6月に開催された陸上の日本パラ選手権で、衝撃的なデビューを飾った。石田駆(愛知学院大)は男子400メートル(上肢切断・機能障害T46)で50秒39の日本記録を樹立。病気の発覚から...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1156文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン