パラリンピックの風

フォローする

陸上の新星・石田駆、日本記録デビューから金へ疾走
東京パラリンピック1年前特集

2020/8/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの影響で1年延期となった東京パラリンピックは、2021年の8月24日に開会式を迎える。感染症対策など大会準備に向けたハードルは高いが、これまでも壁を乗り越えてきたパラアスリートたちは挑戦を続けている。

昨年6月に開催された陸上の日本パラ選手権で、衝撃的なデビューを飾った。石田駆(愛知学院大)は男子400メートル(上肢切断・機能障害T46)で50秒39の日本記録を樹立。病気の発覚か…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

パラリンピックの風 一覧

フォローする
大分車いすマラソン男子で優勝した鈴木朋樹=共同

共同

 新型コロナウイルスの影響で、例年エントリーする海外の強豪が不在となった今大会。国内勢で唯一東京パラリンピック代表に内定している鈴木の走りは異次元だった。

【関連記事】鈴木朋樹・土田和歌子が優勝 大分車 …続き (11/15)

国枝はショットの改造が成功し、全米オープン決勝で若い相手に競り勝った=共同AP

新型コロナウイルス禍の中、パラスポーツの国際大会で先陣を切って再開されたのが車いすテニスだ。9月に全米オープン、10月に全仏オープンが開催され、日本からは男子の国枝慎吾(36、ユニクロ)、女子の上地結 …続き (10/23)

車いすの部、男子シングルスで5年ぶり7度目の優勝を果たした国枝慎吾(13日、ニューヨーク)=ゲッティ共同ゲッティ共同

 【ニューヨーク=共同】テニスの全米オープン車いすの部は13日、ニューヨークで行われ、男子シングルス決勝で第1シードの国枝慎吾(ユニクロ)が3連覇を目指したアルフィー・ヒューエット(英国)を6―3、3 …続き (9/14)

ハイライト・スポーツ

[PR]