/

「KAMIKAZE」の実像、世界に 特攻隊員の苦悩伝える

太平洋戦争末期、旧日本軍が飛行機などを敵艦船に体当たりさせるために編成した「特別攻撃隊(特攻隊)」。海外では「KAMIKAZE(カミカゼ)」として自爆テロと重ねる報道もある。こうしたなか特攻隊員らの苦悩に光を当て、実像に迫る取り組みが海外でも広がりつつある。

「特攻は悲惨だ。無念だ」。佐賀市の元特攻隊員、鳥谷邦武さん(93)は唇をかむ。75年が過ぎてなお、作戦を実行した軍上層部への憤りが消えることはない。

18歳の時、満州(中国東北部)の飛行場で撮影した鳥谷さんの写真

16歳で大刀洗陸軍飛行学校(福岡県)に入校。終戦直前の1945年春に満州(現中国東北部)で特攻隊に配属され、出撃命令が下る前に終戦を迎えた。

配属が決まった時、仲間の足がガクガク震えているのが見えた。特攻で死んだ仲間は「おい鳥谷、死にたくねえな」と繰り返した。「鉄砲の弾じゃあるまいし、人の命をなんだと思っているのか」。心の中で思っていても「逃げも隠れもできず、がんじがらめの立場だった」と振り返る。

「KAMIKAZE!」。2001年9月11日の米同時テロで世界貿易センタービルに2機目が衝突した後、現地の男性アナウンサーがこう発した。カミカゼは旧日本軍の神風特攻隊を指すはず。「なぜ、この言葉を使うのだろうか」と、静岡大のモーデカイ・シェフタル教授(58、日本近現代史)は疑問を感じた。

オックスフォード現代英英辞典のKAMIKAZEの項には「形容詞、自らも死ぬと知りながら敵を攻撃する手法を表すのに使われる」とある。日本エネルギー経済研究所の保坂修司・中東研究センター長によると、自らの命を犠牲にして攻撃するという類似点から、欧米ではイスラム過激派による自爆テロを特攻と重ねて「イスラミカゼ」と呼ぶこともある。

ニューヨーク出身のシェフタル教授は「隊員の思いに触れ、偏見をなくしてほしい」との思いから、元特攻隊員や遺族ら約100人への聞き取りを基にした証言集を05年に米国で出版した。

「当時の日本は特攻に抵抗があっても口にできる状況ではなかった。隊員の立場を想像すると、私でも『特攻には行きません』とは言えなかっただろう」とシェフタル教授は話す。特攻を受けた元米兵から、証言集を読んで恨む気持ちが消えたとの感想も届いた。

米ハワイ・ホノルルの戦艦ミズーリ記念館では特攻隊員の遺書や軍服などを展示している(同館提供)

ハワイにある「戦艦ミズーリ記念館」は5年前から、特攻隊員が母親や恋人に書き残した遺書や写真など約100点を展示している。当初は7カ月間の予定だったが延長され、今年4月には展示スペースを広げた。

「家族にサヨナラを告げなければならなかった人々を思うと心が張り裂けそう」「私たち全員に通じる『葛藤』という人間の側面を示している」。来場者からは多くの反響が寄せられている。

ニューヨークの「イントレピッド海上航空宇宙博物館」でも19年11月から「カミカゼ 戦火を超えて」展を開き、戦死した隊員の日記などを公開した。現在は新型コロナウイルス感染防止のため一時閉館中だ。

両館に資料を提供した知覧特攻平和会館(鹿児島県南九州市)は「外国の人々にも特攻を知ってもらい、戦争の悲惨さを伝えたい」としている。資料の貸し出しなどを通じて海外との連携を深めていく方針だ。

▼特攻隊 爆弾を積んだ戦闘機などで敵の軍艦などに体当たりをしかける「特別攻撃隊」の略称。太平洋戦争末期の1944年10月、旧日本海軍が編成した「神風特攻隊」がフィリピン沖で米軍の艦船に突入し、沖縄戦でも多く出撃した。爆弾を積んだ1人乗りの魚雷で敵艦船に突っ込む攻撃も行われた。特攻隊戦没者慰霊顕彰会(東京)によると、特攻による戦死者は6418人に上る。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン