米大統領選と2つの中国系アプリを結ぶ糸
教えて山本さん!BizTechの基礎講座

教えて山本さん!
コラム(テクノロジー)
2020/8/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本ではお盆休みでしたが、世界ではテクノロジービジネスの世界で大きな変化が起きています。その中心になっているのが2つの中国系アプリです。

一つは、中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)が提供する短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」です。米国で分割売却が検討されています。

もう一つは、株式の40%を中国IT大手の騰訊控股(テンセント)が持つ米エピックゲームズの人気ゲーム「フォートナイト」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]