/

オブジェ火災、元学生2人が無罪主張 5歳児死亡

(更新)

東京・明治神宮外苑のイベント会場で2016年、木製オブジェが燃え、中で遊んでいた幼稚園の男児(当時5)が死亡した火災で、重過失致死傷罪に問われた建設業の男(22)と大学院生の男(23)は19日、東京地裁(下津健司裁判長)の初公判で「発火するとは考えられなかった」と述べ、無罪を主張した。

2人はいずれも当時未成年で、オブジェを展示した日本工業大(埼玉県)の学生だった。

検察側は冒頭陳述で「2人は点灯後10分で280度を超える投光器をオブジェ内に設置した。散乱していた木くずが付着し、発火すると予見できた」と指摘した。

弁護側は「イベントの運営担当者は投光器の点灯を見て確認・点検をしたが、何ら指摘はなかった。投光器が高温を発することは想像できなかった」と主張した。

起訴状によると、2人は16年11月6日午後4時40分ごろ、大量の木くずで装飾したオブジェ内で、投光器の白熱電球を点灯して放置。約35分後に出火し、男児を焼死させたほか、助けようとした父親に重傷を負わせたとしている。

木製オブジェは、1辺45センチの立方体の木枠109個をジャングルジムのように積み上げた構造。高さは最大約2.7メートルで、事故当時は木枠に貼り付けた木くずが大量に地面に落ちていた。自由に内部に入ることができる体験型で、男児は出火した際、中心部付近にいたとみられている。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン