/

この記事は会員限定です

コムハム、生ごみを1日で分解 高速処理で異臭を防ぐ

我が社のストラテジー

[有料会員限定]

食品工場などから出る生ごみは事業者にとって悩みの種だ。環境や近隣への影響を考え、異臭を放つ前に処理したいニーズは大きい。1月に創業したスタートアップ企業のkomham(コムハム、札幌市)は微生物を使い、腐敗する前に堆肥化する技術が強みだ。

「SDGs(持続可能な開発目標)への関心が高まるなか、臭いが出にくく、堆肥としても活用できる生ごみや家畜のふん尿処理技術を評価する企業は増える」。同社の西山すの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り941文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン