/

池田エライザと田口トモロヲ主演で新感覚ドラマ

若手女優の池田エライザとベテランの田口トモロヲのダブル主演で、「建築」と「グルメ」という異色の組み合わせを軸にした連続ドラマ「名建築で昼食を」が8月15日から始まった。2人で名建築を巡り、そこで昼食をとりながら、人生を見つめる。実際に建築を訪れ、意匠などを見て回るドキュメンタリー部分とフィクションであるドラマを融合した番組だ。テレビ大阪とBSテレ東、BSテレ東4Kで毎週土曜深夜に放送している。

甲斐みのり著「歩いて、食べる 東京のおいしい名建築さんぽ」を原案にドラマ化した。有名建築家を父に持ち、建築模型の仕事に携わる千明(田口トモロヲ)と広告代理店で働きながら友人とカフェの開業を夢見る藤(池田エライザ)。SNS(交流サイト)で知り合った2人は懐かしくかわいらしい「乙女建築」と呼ばれる名建築巡りを始め、藤は千明の価値観や独自の視点に刺激を受ける。

テレビ大阪の山本博紀プロデューサーは「日本にはたくさんの名建築があるが、行きたくてもハードルが高いと思ってしまう人も多いのではないか。だがそこでランチが食べられる、ということであれば『気軽に行ってみようか』という気持ちになれる。こうした休日の過ごし方を多くの人たちに提案したいと思った」と狙いを話す。

藤役の池田は「建築を巡る過程で、役も成長していく」という感覚で演じているという。「台本を読み、撮影現場に行って実際に建築を見て気持ちが変われば、監督と相談して変えていく。藤はちょっと優柔不断だが、普遍的な部分もたくさん持っている女性だと思う」と話す。とりわけ撮影で訪れた自由学園明日館(東京・豊島)が印象深かったという。「ここで少女たちが恋の話をしたり、勉強難しいねとか話したりしていたと想像し、壮大な建築が身近に感じることができた」という。

一方、田口は近代建築の巨匠ル・コルビュジエの作品写真集に見ほれ、フランスのジャック・タチ監督の映画に出てくる建造物に注目するなど、かねて建築に興味を持っていた。「今回の仕事でコルビュジエの名前が名匠として数々出てくるので、自分が夢中になっていた時代を思い出した」という。

(関原のり子)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン