/

この記事は会員限定です

おうちオシャレやマスク映え 女性と富裕層が高額支出

衣食住遊働新景・中部の今 (3)着る・飾る

[有料会員限定]

「マスクを外すとき、ゴムひもと絡まないちょうど良い商品はないかしら…」

8月上旬、名古屋三越ラシックのアクセサリー店「エテ」を訪れた女性(54)は、新しいイヤリング選びに目を輝かせていた。2万円ほどの小型の商品を買い「新型コロナウイルス禍のオシャレはマスクとの相性が重要になってるわね」と満足げに店を後にした。

コロナ禍は宝飾品やアパレルの業界不振に拍車をかけたが、逆に活況を呈する分野もある。カギを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1326文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン