/

首相、都内の私邸で静養 19日から公務の見通し

安倍晋三首相は18日、休暇を取って東京・富ケ谷の私邸で静養した。17日には都内の慶応義塾大学病院で日帰り検診を受けた。19日からは公務のため首相官邸に出勤する見通し。

首相は16日から18日までの3日間、公務を入れずに短い夏季休暇を取った。17日には病院に約7時間半滞在した。首相周辺は「休み明けの体調管理に万全を期すため、日帰り検診を受けた」と説明した。

例年夏は山梨県鳴沢村の別荘で過ごしたり、地元の山口県へ帰省したりしていた。今夏は新型コロナウイルス対応に専念するため見送った。

公明党の山口那津男代表は18日の記者会見で、首相の体調について「休みなく働き続け、緊張感が途切れる間がなく体を酷使してきたのではないか」と語った。「休めるときに休んでもらい体調に万全を期すことは大事だ」と述べた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン