/

山口県、山口大に社会人向けデータサイエンス講座

山口県は18日、山口大学に社会人向けのデータサイエンス講座を開設すると発表した。マーケティングや研究開発などで最新のデータ分析技術を活用できる人材を育成し、県内企業の競争力強化につなげるのが狙い。

山口県は山口大学に講座を開設した

講座は経営者や初心者向けのリテラシーコース(9月に4回、定員40人)と、統計学や人工知能(AI)の機械学習などを本格的に学ぶマスター講座(10月~2021年7月、定員20人)の2コース。受講はオンラインになる。社員にマスター講座を受講させた県内企業に対して、県が受講料18万円の半額を補助する。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン