/

この記事は会員限定です

モーリシャス油回収に壁 生態系配慮で薬剤使いにくく

マングローブ林、回復に30年超か

[有料会員限定]

商船三井が手配した大型貨物船がインド洋の島国モーリシャス沖で座礁した事故で、沿岸に漂着した燃料油の処理が壁にぶつかっている。生態系への配慮のため薬剤が使いにくく、人海戦術で作業に時間がかかる公算が大きい。マングローブ林の回復には30年以上を要するとの見方もある。

現地に派遣されている日本の専門家チームの担当者は18日、オンライン記者会見で、まず海上に浮かぶ油の回収がほぼ終わったと説明した。

作業は国際的な協力で進む。フランスのマクロン大統領...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1158文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン