/

この記事は会員限定です

スポーツの目指すべき理想 自立して稼げる産業に

編集委員 北川和徳

[有料会員限定]

親会社による球団の赤字補填を広告宣伝の経費として取り扱う――。1954年の国税庁通達によってプロ野球で認めていた税務上の対応を、サッカーのJリーグなど他のプロスポーツチームにも適用する見解を、国税庁が示した。

普通に考えれば、プロ野球とJリーグで扱いが違う方がおかしい。この通達は発展途上だったプロ野球を国民的な娯楽に育てるための特例だった。だが、93年に地域密着という新しいスポーツを支える形を提案...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り743文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン