/

LINEで認知症不明者情報 神奈川県横須賀市、全国初

神奈川県横須賀市は18日、無料通話アプリのLINEを活用して認知症の行方不明者情報を発信すると発表した。所定の講習を受けた人を対象に行方不明者の氏名や写真、症状などの個人情報を通知し、ボランティアらが捜索に協力しやすくする。市によると全国で初めての試みだという。

「よこすかオレンジLINE」と題し、市の公式アカウントで9月1日から運用を始める。所定の講座を受けた「認知症サポーター」に対しては年代や外見の特徴など概略を通知。より専門的な講習を受けた「認知症オレンジパートナー」には氏名を含む詳細な個人情報を知らせる。

横須賀市によると、65歳以上の市民のうち15%程度に認知症の症状があるとされており、市全体で2万人近くが該当するとみている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン