東武系、新ホテルでサンリオと連携 「キティ」部屋常設

サービス・食品
2020/8/18 17:39
保存
共有
印刷
その他

東武鉄道グループの東武ホテルマネジメント(東京・墨田)はサンリオと組み、東京・浅草で10月に開業するホテルに人気キャラクター「ハローキティ」をデザインした部屋を常設する。ハローキティをデザインした宿泊施設は東京都23区で唯一となる。ハローキティの国内外のファンや家族連れの需要を狙う。

ハローキティをデザインした部屋「桜天女」。浅草東武ホテル(東京・台東)に設ける(C)1976,2020 SANRIO CO.,LTD.

10月8日に開業する浅草東武ホテル(東京・台東)に設ける。24日の午前10時から、同ホテルのホームページを通して予約できる。2種類の4人部屋を3室ずつ、計6室用意する。いずれも浅草らしい和の要素も取り入れる。

桜をイメージしたという部屋「桜天女」は明るいピンク色を基調とした。壁には天女の姿をしたハローキティをデザインした。座敷に似たスペースを設け、洋室ながら日本らしさも取り入れた。伝統的な和の要素を取り入れた部屋「和モダン」も用意する。

ハローキティをデザインした宿泊施設は、これまで京王プラザホテル多摩(東京都多摩市)などで展開してきた。東京23区内では現在は唯一となる。

浅草やハローキティは外国人にいずれも人気が高い。「新型コロナウイルスの影響が落ち着いた後は、インバウンドの需要も狙いたい」(東武ホテルマネジメント)としている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]