/

この記事は会員限定です

証券ベンチャー五里霧中 小口顧客だけでは限界か

編集委員 前田昌孝

[有料会員限定]

スマートフォンでの手軽な株式売買サービスを提供していたワンタップバイ(東京・港、内山昌秋社長)が秋から「ペイペイ証券」に社名を変え、再出発することになった。証券ベンチャー10社の直近決算期の赤字は合計で199億円。米国の手数料無料のスマホ証券ロビンフッドのような爆発的なヒットもなく、資金枯渇の前に後ろ盾の企業がどう動くかが問われている。先行きは公平に見ても五里霧中だ。起死回生策はあるだろうか。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2248文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン