/

この記事は会員限定です

西武沿線に新たな魅力集積中(点照)

[有料会員限定]

東京の池袋や新宿と埼玉県内を結ぶ西武鉄道沿線に新施設が相次ぎ建設されている。西武グループが沿線重視の方針を打ち出しているほか、外国人観光客を意識した施設の計画も相次ぐ。新型コロナウイルスの影響で観光に逆風が吹くなかでも、沿線には新たな魅力が集積しつつある。

西武グループはかつて全国各地でリゾート開発を推進。それによって生じた莫大な債務の圧縮期を経て、2000年代半ばに地元回帰へ舵(かじ)を切った。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り761文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン