関西のスタートアップ「資金繰り悪化で対応策」7割
関西スタートアップ60社調査(上)

2020/8/18 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスが関西スタートアップ企業の経営に影を落としている。日本経済新聞が有力60社に聞いたところ、全体の7割近くが資金繰り悪化への対応策を考えていると回答した。銀行融資やベンチャーキャピタル(VC)からの出資を仰ぎ、当面の資金確保を急ぐ。感染拡大の第2波に対する危機感が高まる中、機動力を生かして事業モデルや働き方を転換する動きも目立つ。

資金繰りの悪化を受け、対応策を実施する(検討して…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]