/

この記事は会員限定です

自筆遺言の保管制度 利用の事実、相続人らに報告を

[有料会員限定]
Q 高齢の親がいます。先日、自筆の遺言を保管してもらえる新しい制度ができたと知り、利用を考えているようです。親がこの制度を使った場合に相続をする側が注意すべき点を教えて下さい。

A 7月10日から「自筆証書遺言の保管制度」が始まりました。自筆の遺言書を作成して申請すれば、法務局(遺言書保管所)で原本を保管してもらえます。従来の制度に比べ手間や費用などのハードルが低く、遺言書を作成する人が増えると期待...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り811文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン