/

この記事は会員限定です

日本、尖閣周辺の中国漁船を警戒 休漁明け

中国は進入禁止を指示か

[有料会員限定]

中国が東シナ海で設けていた休漁期間が16日昼に明けた。海上保安庁によると17日午後5時の時点で、沖縄県の尖閣諸島の沿岸から12カイリ(約22キロメートル)の領海に中国漁船は侵入しなかった。一方、沿岸から24カイリ(約44キロ)の接続水域付近には7隻の漁船がいて操業している船もあったという。

海保によると17日午前には4隻の中国公船が一時、領海に入った。中国政府関係者は16日、尖閣について「周辺に中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り562文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン