日本郵船、フィリピンで船舶監視 AIで故障予測

2020/8/17 21:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本郵船はフィリピンに船舶の故障状況をモニタリングする専門の施設を開いた。独自開発した人工知能(AI)システムがエンジンの不調や故障の前兆を施設職員に知らせ、緊急性が高いものは船員出身の施設職員が運航中の船に対応を促す。消費燃料の大幅な削減ができるほか、修理までの時間が3分の1に短縮することも可能だという。

フィリピンのマニラにある日本郵船の船員訓練施設内につくった。乗船期間を終えて休暇中の船員…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]