/

この記事は会員限定です

電線、1カ所1本規制を緩和 災害時に電力安定供給へ

[有料会員限定]

自然災害の際など非常時に電力を安定供給するためのルール改正が進む。経済産業省は一つの場所に引き込める電線を1本に限るルールを2021年にも緩和する。マンションや学校などが複数の電線から電力の供給を受けられれば、被災時のライフラインの寸断を防げるようになると期待している。

電柱と建物をつなぐ電線は引き込み線と呼ぶ。経産省令などで1カ所1本の原則を定めている。二重投資でコストがかさんで電力価格の上昇に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り588文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン