/

この記事は会員限定です

コロナ検査、全自動や自宅採取に PSSや日本トリム

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

新型コロナウイルス感染の有無を調べる検査で、民間企業による新しい手法やサービスが増えている。PCR検査の工程を自動化して検査効率を上げたり、無症状者向けの自宅でできる検査を普及させたりして感染拡大を防ぐ。国内ではPCR検査の件数が伸び悩み、検査態勢の目詰まりも指摘される中で、裾野を広げられるか注目される。

遺伝子検査装置などを製造・販売するプレシジョン・システム・サイエンス(PSS、千葉県松戸市)は3日、国内で全自動PCR検査装置...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1769文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

「日経産業新聞」をお手元のデバイスで!

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できるようになりました。最初の1カ月間無料で体験いただけます(初回限定)。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン