/

この記事は会員限定です

動き出す資源株買い IT銘柄から資金流入

証券部 武田健太郎

[有料会員限定]

出遅れが目立っていた資源関連株に、投資マネーが戻りつつある。資源相場の上昇と配当利回りの高さを支えに、バリュー株回帰の流れに乗っている。新型コロナウイルスが流行して以来、資源権益の減損リスクが警戒されて手控えられていた物色が本格化すれば、株式相場が上抜ける原動力となるかもしれない。

17日に発表された4~6月期の国内総生産(GDP)は戦後最大の落ち込みとなり、日経平均株価も5営業日ぶり下落に転じた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り986文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン