/

この記事は会員限定です

コロナ禍の世界映す芸術祭 社会の「毒」と向き合う

ヨコハマトリエンナーレ2020

[有料会員限定]

3年に1度開かれる国際芸術祭「ヨコハマトリエンナーレ2020」が開催中だ。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に見舞われたが、なんとか開催にこぎ着けた。海外の芸術家たちが来日できないなど、さまざまな問題をオンラインを駆使して乗り越えた芸術祭には、現在の世界を予見していたかのような作品が並ぶ。

芸術祭の主会場は横浜美術館(横浜市)とそこから徒歩数分の場所にあるプロット48。国内外から約70組が参加し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1682文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン