/

この記事は会員限定です

「原発ゼロ」合流新党の壁に 国民民主内に反発の声

[有料会員限定]

立憲民主党と国民民主党との合流を巡り、原子力発電を巡る政策が壁になる。合流してできる新党の綱領案には「原発ゼロ」が盛り込まれた。国民民主内では産業別労働組合(産別)出身の議員を中心に批判が根強い。

自動車総連や電力総連など国民民主を支持する6つの産別幹部は13日、テレビ会議形式で会合した。産別から支援を受ける国会議員も参加した。「我々の支援者の仕事をなくすような綱領が入った新党には入れない」など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り496文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン