/

この記事は会員限定です

[社説]景気底打ちへ険しい道を進むほかない

[有料会員限定]

想定されていたとはいえ、前例のない急激な経済の落ち込みだ。内閣府が17日に発表した2020年4~6月期の国内総生産(GDP)は物価変動の影響を除いた実質で前期比7.8%、年率換算では27.8%それぞれ減った。

減少率はリーマン危機直後の09年1~3月期(年率17.8%減)を超え、景気の体感に近い名目値でみたGDPの実額は6年前の水準まで逆戻りした。

だが長期化する新型コロナウイルスの感染拡大への対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り743文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン