中部の外食既存店、物語コーポは3%増 8月は減速も

2020/8/17 17:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中部に本社を置く主要な外食11社の7月の既存店売上高が17日、出そろった。4月を底に7月は前年同月比1~2割減まで回復するところが目立つ。「焼肉きんぐ」を運営する物語コーポレーションは3%増えた。プラスは5カ月ぶり。

焼肉きんぐは商業施設内には出店せず、全ての店舗が独立型で駐車場を併設している。新型コロナウイルスの感染が再び広がる中、3密を避けて来店したい顧客を捉えたという。カレーチェーンの壱番…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]