/

浜松41.1度 最高タイ、各地で記録更新続出

(更新)

東日本や西日本は17日も広く高気圧に覆われ、浜松市中区で国内史上最高気温と並ぶ41.1度を観測したほか、全国の26地点で最高気温の記録を更新した。厳しい暑さは18日も続く見通しで、気象庁は小まめな水分補給といった熱中症対策を呼び掛けている。

気象庁によると、18日の予想最高気温は山口市、大分県日田市、熊本県人吉市で39度、岐阜市や名古屋市、岡山市、福岡県久留米市、宮崎県都城市、鹿児島市で38度など。

17日の最高気温は長野県飯田市、岐阜県美濃市、奈良県十津川村、高知県四万十市、宮崎県西米良村などで39度台に達した。東京都心部は36.5度、大阪市中央区は37.1度で、それぞれ3日連続と4日連続の猛暑日となった。

全国921観測点の中で656カ所が30度以上となり、このうち269地点が35度以上の猛暑日となった。浜松市中区のほか兵庫県洲本市、愛媛県大洲市、鹿児島県鹿屋市など26地点は観測史上の最高気温を更新した(タイ記録を含む)。

11日に群馬県伊勢崎市や桐生市で観測された40.5度、16日に浜松市天竜区で観測された40.9度に続き、今夏の40度台は3回目。過去の41.1度は埼玉県熊谷市で2018年7月23日に観測された。

気象庁によると、日本の上空では太平洋と大陸から高気圧が張り出して重なり合い、気温上昇の要因になっている。さらに17日は浜松市中区などで山を越えた風が熱を帯びて吹き下ろすフェーン現象が発生したという。

〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン