/

この記事は会員限定です

茨城の旭物産、カット野菜で投資拡大 モヤシも回復

Bizブックマーク

[有料会員限定]

旭物産(水戸市)は全国有数のカット野菜メーカーだ。共働き世帯や高齢者の増加に加え、コロナ禍による内食志向の高まりも追い風となり、今年に入って売上高は前年より1割伸びている。「野菜王国」の茨城で攻めの投資を続ける構えだ。

生食用カット野菜で全国最大級の能力を誇る水戸市の本社工場。人気の高い「12品目のシャキシャキサラダ」などの商品が次々にパック詰めされ、お盆シーズンも高水準の生産が続く。繁忙期を迎え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り844文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン