/

この記事は会員限定です

ポストコロナ、デザインしよう 江崎浩氏

東京大学大学院情報理工学系研究科教授(インターネット工学)

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大は、今までの社会が抱えていた問題を顕在化、拡大させたと考えられる。インターネットなど情報インフラが、コロナ禍による最悪の事態を回避することに貢献したことは明らかで、リモートワークをはじめオンラインでの活動を支援する技術の改良が加速している。

ポストコロナの社会・産業活動は、単なる従来の延長としての情報化ではないだろう。空間的な制約を大幅に緩和するIT(情報技術)を様々な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り967文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン