/

ウェブ面接のみで就職、6割が「不安」 民間調べ

新型コロナウイルスの影響で、就職活動での対面面接が減るなか、ウェブ面接のみで就職先が決まることを「不安」とする学生が6割いることがわかった。

若年層の就職支援を展開するジェイック(東京・千代田)が1~3日、インターネットを通じて調査。2021年卒業予定で、就職活動中の学生157人から回答を得た。

学生にウェブと対面での面接どちらが多いか尋ねると、「ほとんどウェブ」(31%)、「ウェブの方が多い」(31%)とウェブが主流となっていた。対面が多いという回答は2割未満だった。

ウェブ面接のみで就職先が決まることについては「とても不安」(12%)「やや不安」(50%)と考える学生が多く、担当者は「会社の雰囲気などウェブだけでは分かりづらいこともある」とみている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン