ダイユーエイト、商品の鉄道定期輸送で実験

2020/8/17 14:39
保存
共有
印刷
その他

ホームセンターのダイユーエイト(福島市)は9月から、グループ企業のホームセンターバロー(岐阜県多治見市)との間の商品輸送を鉄道貨物の定期便に切り替える実証実験に取り組む。物流効率化を狙い、2021年2月までの半年間で効果を見極める。

両社間の商品輸送は現在、郡山貨物ターミナル駅~多治見駅でJR貨物の不定期便を利用。納期などに応じて臨時トラック便も使う。実験では商品発注や在庫管理を調整し、鉄道の定期便に一本化。福島と岐阜県内のそれぞれの物流拠点から両駅までの空コンテナの回送もなくす。

国土交通省は貨物輸送をトラックから鉄道などに転換するモーダルシフトを推進しており、今回の実験の計画策定経費を補助する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]