/

この記事は会員限定です

豚飼う中国マンション開発大手 株主利益より国家重視

一目均衡 上海支局 張勇祥

[有料会員限定]

「以下の人材を募集します。養豚場のマネジャー、畜産の採算管理、獣医……」。中国のマンション開発大手、万科企業が5月に出した求人広告に、株式市場の関係者は仰天した。同社は時価総額5兆円に達する巨大企業。マンション事業とは畑違いの養豚経営に乗り出すというのだ。

中国では家畜伝染病の影響もあり豚肉価格が高騰している。だからといってなぜデベロッパーが養豚なのか。「株主が株主だから」。上海の不動産仲介会社の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1005文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン