/

サケ捕獲権確認求め提訴 北海道浦幌町のアイヌ団体

(更新)

北海道浦幌町のアイヌ民族の団体「ラポロアイヌネイション」(旧・浦幌アイヌ協会)は17日、河川での経済的なサケ捕獲は先住民族の集団が持つ権利「先住権」だとして、これを禁じた法律や規則が適用されないことの確認を国と道に求めて札幌地裁に提訴した。アイヌが先住権の確認を求める訴訟は初めて。

訴状によると、ラポロアイヌネイションは浦幌十勝川周辺に江戸時代から存在した各コタン(地域集団)の構成員の子孫らの団体。明治政府に禁じられるまで生活のために漁をしていたコタンから、サケ捕獲権を引き継いでいるとしている。

原告は、明治政府が北海道開拓のためにコタンの漁猟権を無視して侵害したと指摘。アイヌが漁猟や伐木をしていた土地を国有地とした正当な理由が明らかにされなければ、コタンや権限を引き継ぐアイヌの集団は、自然資源を利用する権利を現在も持っていると主張している。

一方、国は明治以降の同化政策の結果コタンは「消滅」し、土地権やサケ捕獲権などを持つコタンは存在しないとの立場だ。訴訟では、明治政府によるコタンの土地取得の違法性や、ラポロアイヌネイションがサケ捕獲権を引き継ぐ集団に当たるかどうかなどが争点となりそうだ。

同団体の長根弘喜会長(35)は提訴後の記者会見で「アイヌが元々持っていた権利を取り戻す裁判。自分たちで捕ったサケで生計を立てるという目標のため、頑張りたい」と話した。メンバーの差間啓全さん(53)は「世界的にも先住権が戻ってきている中で、日本は踏み込んだことはしていない。他のアイヌも一緒に闘ってもらえれば」と共闘を呼び掛けた。

サケ捕獲は水産資源保護法や北海道内水面漁業調整規則で禁じられているが、道は2005年に伝統的な儀式や漁法の伝承に限り、知事の許可を得れば捕獲できるよう規則を改正した。

水産庁は「提訴の内容を承知しておらずコメントできない」とした。道も「訴状が届いていないのでコメントできない」としている。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン