/

この記事は会員限定です

豪、外資の買収規制を強化 中国念頭、事後適用も

[有料会員限定]

オーストラリアが外資による投資の審査を強化する方針を打ち出した。インフラなど安全保障に関わる事業が対象だ。一度承認した案件でも、安保上のリスクが浮上すれば売却を命じられるようにする。中国への警戒が念頭にあるとされるが、中国企業以外にも影響が及ぶ可能性がある。

「豪州は外国投資を歓迎するが、投資が国益に反しないよう確認もする」。フライデンバーグ財務相は6月、外資買収法の改正に乗り出した狙いをこう説明...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り489文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン