/

イスラエルとUAEの企業 コロナワクチン開発合意

UAEの国旗が壁に映されたイスラエル・テルアビブの市庁舎=ロイター

【ドバイ=岐部秀光】米国の仲介で国交正常化を発表したイスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)の企業は、新型コロナウイルスのワクチンや検査キットの開発などで協力を進めることで合意し、調印式を開いた。UAEの国営メディアが16日までに報じた。

合意したのは、UAEのAPEXナショナル・インベストメントと、イスラエルのテラ・グループ。UAEのアブダビで調印式が開かれたが、イスラエル側が実際に出席したかどうかは不明だ。

APEXのハリファ・ユセフ・ホウリ会長は「両国の貿易・経済・パートナーシップの第一歩であり、人類の共通の利益となる」と述べた。

国交正常化をめぐる両国政府による調印は数週間以内に開かれる見通しだ。

新型コロナ特集ページへ

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン