/

この記事は会員限定です

中国船の尖閣大量接近を警戒 16日に漁解禁

(更新) [有料会員限定]

中国が東シナ海で設けた休漁期間が16日昼に明けた。過去の休漁明けで沖縄県尖閣諸島の周辺の領海やその外側の接続水域に中国の漁船や公船が度々押し寄せたことがある。中国が漁船の尖閣接近を抑えているとの情報もあるが、公船は周辺で活動を続けている。日本政府は警戒態勢を取っている。

政府関係者には2016年の休漁明けの記憶がある。同年8月5日、200~300隻の中国漁船が尖閣周辺海域に現れた。その後に多数の中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り356文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン