/

環境省職員ら派遣へ モーリシャス重油流出事故

油流出の環境影響調査

モーリシャス沖の重油流出事故で環境省職員を現地に派遣する考えを示した小泉環境相(15日、東京・九段北)=共同

小泉進次郎環境相は15日に開いた記者会見で、インド洋の島国モーリシャス沖で商船三井が手配した貨物船が起こした重油流出事故の状況を確認するため、専門家と環境省職員を現地に派遣する意向を表明した。油のサンゴ礁への環境影響などを調査するという。

小泉氏は事故について「サンゴ礁など生物多様性損失につながる重大な危機」としたうえで、「ESG(環境・社会・企業統治)の時代にあって当事者である日本企業はもとより環境省としても他人事ではない事案」と述べた。今後環境省政務三役の派遣も検討する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン