/

この記事は会員限定です

米、核軍縮でロシアとの合意先行検討 中国に圧力

[有料会員限定]

【ワシントン=中村亮】中国を「喫緊の脅威」とした米国務省のマーシャル・ビリングスリー大統領特使は、ロシアと米国の2国間での核軍縮協議を先行させる案を検討していると明らかにした。トランプ政権が進めてきた中国を交えた3カ国の同時合意にこだわる方針を修正する。核軍縮をめぐる対中圧力の強化に向け、ロシアとの連携を探る。

ビリングスリー氏はロシアとの核軍縮交渉の責任者で17~18日にウィーンでロシアのリャプ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1078文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン