/

この記事は会員限定です

ベラルーシ情勢緊迫、大規模抗議「独裁者」に退陣圧力

[有料会員限定]

【モスクワ=小川知世】旧ソ連のベラルーシ情勢が緊迫化している。ルカシェンコ大統領の6選への抗議は15日も続いた。欧州連合(EU)も大統領選での不正を指摘し、制裁に踏み切ることで一致した。「欧州最後の独裁者」と呼ばれるルカシェンコ氏に退陣圧力が強まるなか、同氏は15日にロシアのプーチン大統領と情勢を協議した。

大規模な抗議は大統領選の投票が終わった9日夜から始まった。15日にも首都ミンスクなどで市民...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1362文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン